サブシナリオ01「修羅と闘神」

フリーデンが地球を発って1週間。地球圏ではイサム達が持ってきたトランスバールのデータを用いて、
第2救援部隊結成に向けての準備を行っていた。
その中核となるのが、キョウスケ達ATXチーム。現在彼らはテスラ研にてクスハ達の機体の調整を行っていた。
その最中、フェニックス基地が謎の敵に襲撃されているとの情報が入った。
(フェニックス基地…第3次αに登場した連邦軍基地。テスラ研から比較的近く、第3次αでも
サブシナリオの舞台の一つとして登場し、リュウセイ復活の物語を展開していた)
一方、襲撃されているフェニックス基地。そこで戦っているのは、前大戦にてキョウスケ達と共に戦ったPT
「エスメラルダ」と未確認の機体であった。

☆味方初期
エスメラルダ(ヤヨイ、リュウヤ)、ヤルダバオト(フォルカ)
★敵戦力
ボフリィ、ハルパス、フラウス、アガレス(アリオン)

現れた指揮官らしき敵――自らを自由戦士と呼ぶアリオンは自らを「修羅軍」と呼んだ。
そして彼らと敵対している機体ヤルダバオトとそれを操る青年フォルカ。
既存の機体とは一線を引いた戦力に苦戦するリュウヤとヤヨイ。
そこに空から雷の如く現れた特機らしき機体が修羅軍の陣形に穴を開けた。それを操る青年の名はトウマ。
彼はゼンガー達と行動を共にする抹消されたダブルGシリーズ3号機――雷凰のパイロットであった。

☆味方増援1
雷凰(トウマ)
★味方増援2
ハガネ(テツヤ、エイタ)、アルトアイゼン・リーゼ(キョウスケ)、ヴァイスリッター(エクセレン)、
轟龍改(クスハ)、雷虎改(ブリット)、ラフトクランズ(アル=ヴァン)

修羅軍をあらかた片付けた時、キョウスケはヤルダバオトとの接触を試みる。
そして会話を通してフォルカは同行する事を承諾。
トウマも修行の一環としてキョウスケ達と行動を共にすることになり、
そしてリュウヤとヤヨイはATXチームの新メンバーとして配属されるようになった。

▽インターミッション…サブシナリオ01終了時の味方の整理。
OG…ハガネ(テツヤ、エイタ)
インパクト…アルトアイゼン・リーゼ(キョウスケ)、ヴァイスリッター(エクセレン)
第3次α…轟龍改(クスハ)、雷虎改(ブリット)、雷凰(トウマ)
スパロボC3…ヤルダバオト(フォルカ) スパロボJ…ラフトクランズ(アル=ヴァン)
オリジナル…エスメラルダ(ヤヨイ、リュウヤ)


戻る