スパロボGAオリジナルタイトル

スパロボGA本遍主人公

空神 悠吾(そらがみ ゆうご)
14歳・男性
テスラ研所属でリヴォウルトの専属テストパイロット。
人里離れたところで一人暮らしをしていたが、
テスト中に旧連邦残党に襲われたマリスと出会う。
怪我をしたマリスの代わりにリヴォウルト操縦し、敵を退けた。
それが縁となりテスラ研に入ることになる。
両親とは既に死別していて、
14歳でありながらも自給自足が出来るほどしっかりしてるが、
人里離れた場所にずっといた為か少し浮世離れしている所も。
何処までも純真で好奇心旺盛。
銀河へ飛ぶ事に内心喜びを隠しきれないでいる。
ICV:白石涼子
精神コマンド
努力,必中,ひらめき,熱血,気迫,奇跡

悠吾イラスト
(ルナティック☆ルーンの彩華さんがデザインしてくれました)
マリス・クラウゼン(Malice=Kurauzen)
16歳・女性
「リヴォウルト」の開発をした女性。
少し前に自力でリヴォウルトのテストをしたとき、
旧連邦残党の襲撃を受けて悠吾の家を全壊させてしまい、
お詫びとして悠吾を外の世界に連れ出した人。
ちょっと弱気でおどおどした雰囲気だが、芯は強い。
ロバート達に負けず劣らずの才能を持つ16歳の天才少女。
また、料理にも拘りがあり、完成度のUPに余念が無いと言う。
ICV:川澄綾子

サブシナリオから登場するキャラ

如月リュウヤ
22歳・男性
1年前の戦役で活躍した元エースパイロット。
ヒュッケバインMk−Uの3号機のテストパイロットで、
「ブラックフェンリル」(漆黒の神狼)の異名を持つ。
訓練生時代のカルヴィナとは同期で、
カルヴィナが軍を辞めるまでのライバルでもあった。
フューリーに操られていたヤヨイを助ける際に
パイロット復帰が絶望的なほど重傷を負うものの、
懸命のリハビリを経て復活。終盤に無理をしながら
もエスメラルダのサブパイロットとして戦った。
終戦後、ヤヨイを義理の妹として迎え入れて暫く休養していた。
また、包帯をアクセサリーとして気にっているという
微妙なセンスの持ち主。
シリーズ物で所謂「前作主人公」的立場に当たるキャラ。
ICV:近藤隆
精神コマンド
集中,ひらめき,熱血,友情,魂,復活
如月ヤヨイ
ATXチームの新メンバーとして配属された女性。13歳。
1年前の戦役にてフューリーの戦闘兵器として操られ、
ヴォルレントに乗せられていた。
フューリーの人体実験により身体強化の代償として、
五感にある程度の障害を負ってしまい戦闘時には、
特殊なパイロットスーツの着用が必須の体となっている。
1年前の戦役の最中、リュウヤの必死の説得で救出する事が
でき、助けてくれたリュウヤを実の兄のように慕っている。
(流石に「お兄ちゃんと」は呼びません。念のため)
終盤リュウヤと共にカスタム機エスメラルダに自らの意思で乗り
キョウスケ達と共闘。終戦まで戦った。
性格は寡黙で勉強家。
例えるならブラックキャットのイヴみたいな感じ。
ICV:福圓美里
信頼,ひらめき,必中,偵察,てかげん,熱血
ファルス・ガイアード
19歳・男
特装型戦闘機部隊のメンバーでアメノハバキリのパイロット。
戦闘機の操縦技術は天性の物を持っており、
誰よりも飛ぶを愛する自由気ままな性格。
だが案外情に厚く香月シノンに対し好意を持っているようだが、
その性格が邪魔して中々素直になれない。
ICV:櫻井孝宏
精神コマンド
熱血,ひらめき,挑発,集中,ド根性,魂
レグネス・アーレンハイン
20歳・男
特装型戦闘機アマノムラクモのパイロット。あだ名はレグ。
1年前の戦役では、
時々激しい闘争心を見せながらも普段は冷静沈着。
ハイスクール時代にファルスにおごらされたランチの回数を
しっかり数えている辺りから、相当根に持つ性格のようである。
ICV:梁田清之
精神コマンド
集中,ひらめき,根性,覚醒,友情,魂

オリジナルメカ

GF-00「リヴォウルト」
地球の遺跡で発見された無限永久機関
「メビウス・リアクター」の実験機として開発された、
兵装・装甲換装型多目的人型機動兵器
「ガジェッティア・フレーム(以下GF)」の0番機。
「リュストゥング」と呼ばれる装備を換装する事で、
様々な戦局に対応することが可能となる。
開発者はは新たにテスラ研に入所した才女、
マリス・クラウゼン。
初登場:第1話
内蔵武装:肩部マシンキャノン
ブロードソード
ライトニング・リボルバー
GF-00-Rw「リヴォウルト・ウィンガー」
リュストゥング「ウィンガー」を装着したリヴォウルト。
空中戦・高機動戦に特化した能力となり、
基本的にはこの形態で戦う事になる。
途中アサルトマシンライフルに追加アタッチメント
「エナジーシェルバレル」を取り付けることになる。
これは結晶電池(エナジーシェル)を媒体とする
エネルギー粒子砲で、非常に携行性が高い。
初登場:第3話
武装:肩部マシンキャノン
ブロードソード
ライトニング・リボルバー
アサルトマシンライフル
エナジーシェルバレル・ブラスト
必殺技
「ESバレル・スプレッド」
GF-00-Rc「リヴォウルト・キャリバー」
リュストゥング「キャリバー」を装着したリヴォウルト。
装甲増加・近接戦特化を図っていると同時に、
スラスターの増加により機動性も維持されている。
武装も完全に近接戦特化で、
パワーもノーマルモードを遙に上回る。
初登場:第9話
武装:肩部マシンキャノン
ブラスティ・リングバイト
ロート・ショットガン
フランベルジェ・バイアネット
必殺技
「エンシェント・フレアセイヴァー」
GF-00-Rh「リヴォウルト・ハウンダー」
リュストゥング「ハウンダー」を装着したリヴォウルト。
遠距離砲撃・狙撃戦に特化していて、
一対多数の戦闘を前提としている。
機動性は若干落ちるが、キャリバー以上の装甲
を施しているため、防御力も高い。
火力の高い銃器スクエアタイプを装備。
初登場:第15話
武装:肩部マシンキャノン
マルチスプリット・ミサイル
有線式ブラスター・デバイス
スクエア・マシンガン
スクエア・レールキャノン
必殺技
「ツインスクエア・スティンガー」
GF-00-Ra「リヴォウルト・エンジェリアン」
紋章機の戦闘データと、
白き月にあった紋章機の共通予備パーツを用いて開発した
リュストゥング「エンジェリアン」を装着したリヴォウルト。
紋章機に近い戦闘機形態への変形機構を取り入れ、
様々な戦況に対応することが可能となった。
特殊プラズマ弾を特殊ガイドラインで発射できるウィズダム・
シューターを内蔵した2本の短槍型武装ダブル・ブリューナク
を携行武器とし、特装型戦闘機のを強化改良した
リジル・イグニートミサイルを搭載している。
また、一時的にブリューナクを遠隔操作することも可能であり、
それを応用した攻撃がアルカナムアサルト。
そしてブリューナクを合体変形させた形態クラウソラス・フォームでは、
実体剣を発信源とした大型ビームソードとして使用出来るほか、
メビウス・リアクターのフルドライブによる一撃必殺の威力を誇る
超必殺技「メビウス・シャインスマッシャー」を放つことが出来る。
武装:肩部マシンキャノン
ダブル・ブリューナク
ウィズダム・シューター
リジル・イグニートミサイル
アルカナムアサルト
必殺技
「メビウス・シャインスマッシャー」

サブシナリオから登場するユニット

PTX-010-03C
ヒュッケバインMk-Uカスタム「エスメラルダ」
リュウヤが使用していたヒュッケバインMk−Uをベースに、
ヤヨイが乗せられていたヴォルレントのフレームと
新型ジャケット・アーマーを用いて改修したカスタムPT。
ヤヨイ専用のコクピットを新規に追加して複座式にし、
新型の試作PT武器を追加。
メインパイロットはヤヨイ。サブパイロットはリュウヤ。
武装:フォトン・ガンバックラー
ビーム・バスタードソード
携行型ガトリングライフル
ファング・スラッシャー
グラビトン・ガンブラスター
特装型戦闘機「アメノハバキリ」
「特機クラスの攻撃力とPT以上の機動力を兼ね備えた
戦闘機」というぶっ飛んだコンセプトのもとに開発された
試作型戦闘機の1番機。
パイロットはファルス・ガイアード。
初期段階では開発は遅々として進まなかったが、
トランスバールの紋章機のノウハウを得たことにより、
一気に開発が進んで第2救援部隊への参加に何とか
間に合うように。名前の由来は日本神話に登場する化物
ヤマタノオロチを切り裂いたといわれる武器
十拳剣(トツカノツルギ)の別名。漢字で書くと天羽々斬。
武装:スプレッドミサイル
ガトリングマシンキャノン
ウィングスラッシャー
フォトンリニアキャノン
イグニートミサイル
シルヴァブラスター
特装型戦闘機「アマノムラクモ」
アメノハバキリと同じく例のぶっ飛んだコンセプトの元に
開発された特装型戦闘機の2番機。
パイロットはレグネス・アーレンハイン。
基本的には同じだが、
こちらは若干近距離戦が強化されている。
名前はヤマタノオロチの尻尾から出てきた剣の名前から。
武装:スプレッドミサイル
ガトリングマシンキャノン
フォトンリニアキャノン
イグニートミサイル
プラズマバイト
ファントムドライヴ

スパロボGAトップへ   HPトップへ