第12話「鋼鉄の救世主 正義の巨人」

シェリー旗艦バージンオーク…プローブのデータによりエルシオールの予測航行をつかんだシェリー。
そこで予測先にヘルハウンズ隊を差し向けるよう指示。
シェリーの指示に不服を感じながらも、打倒エンジェル隊に燃えるヘルハウンズ隊だった。
そんな歪んだ闘志を感づいたのか思わずくしゃみをするミルフィー。
その頃物資…特に食料品が不足しがちになってきたエルシオール。
補給を行うためドライヴアウト後のどこかの星に着陸する事を決定するが、隙を疲れて敵襲を受けるハメに。
(戦闘開始)
エルシオールに通信を入れたのはガンマ団特戦部隊(言ったのはマサキ。声優ネタとして一つ)…もといヘルハウンズ隊だった。
コントやら何やら分からん話を混ぜっ返しつつも戦闘開始する。

☆味方初期
エルシオール(タクト、レスター、ウォルコット、アルモ、ココ)
ラッキースター(ミルフィーユ)、カンフーファイター(ランファ)、トリックマスター(ミント)、
ハッピートリガー(フォルテ)、ハーベスター(ヴァニラ、ノーマッド)、クストウェル(アクセル、メルア)
選択10体

★敵戦力
シルス高速戦闘機×5(カミュ・ギネス・リセルヴァ・レッド・ベルモット)
シゼル級ミサイル艦、ザーフ級戦艦、メギロート、メギロート・アフ、ゼカリア、イルメヤ、ミシュレイ、ハバクク
★敵増援
ザーフ級戦艦×3、ゼカリア数機
△勝利条件
ヘルハウンズ隊の撃破

クロノドライヴを応用した真後ろからの増援に危機に陥るものの、謎の閃光が敵を幾つか破壊する。
「残念だが、貴様らの企みなどお見通しだ!」
何処からも無く声がする。
謎の人G「無謀の嵐が吹き荒れようと挫けぬ心あるならば」
謎の人R「いつしか嵐は凪となり静けさが戻る…」
謎の人G「災いは必ず去る物…」
謎の人R「人、それを『禍福』と言う!」
謎の人G「そして貴様らの悪事など、長続きはしない!」
謎の人R「悪しき行いには必ずや報いが来ると知れ!!」
ベルモット「にゃろ〜、姿が見えないからって好き勝手言いやがって!」
ギネス「誰だっ! 出て来いぃぃ!!オレと勝負だぁぁぁぁっっ!!!」
Gコンボイ「お前達に」 ロム「名乗る名前は…」
二人「無いッ!!」


☆味方増援
ケンリュウ(ロム)、ブルー・ジェット、ロッド・ドリル、トリプル・ジム、
ギャラクシーコンボイ、ソニックボンバー、ライガージャック

現れたのは惑星クロノスのマシンロボと呼ばれる人たち、そして古から銀河を守り続ける宿命を背負った生命体、トランスフォーマーだった。
彼らのおかげでヘルハウンズ隊を撃破、去り際にエオニアによるメッセージを出すがすっぱりと誘いを拒否、悪役そのままな台詞を残しつつ撤退。
(MAPクリア)
その後、説明などでまたもや驚くタクトとレスター。惑星クロノスにある伝説として銀河を守る守護神の物語があり、その守護神の化身がトランスフォーマー、そしてクロノスにあるロストテクノロジーによって生み出されたのがマシンロボである事を説明。
現時点ではまだ別行動をとっているが、ロムはタクトに補給の出来そうな惑星を示してくれた。
そう遠くない未来で共に戦う事を誓い、ロム達はエルシオールを後にする。
そしてタクトはエルシオールをロムが示してくれた惑星に向けて出発した。

▽インターミッション…今回でスポット参戦したユニット
マシンロボ…ケンリュウ&バイカンフー(ロム)、ブルー・ジェット、ロッド・ドリル、トリプル・ジム
TFGF…ギャラクシーコンボイ、ソニックボンバー、ライガージャック


NEXT 戻る