第3話「遠く限りない宇宙(そら)へ」

残りの救援部隊――ミスリルのウルズ小隊(宗介・クルツ・マオの三人)、自ら参加を申し込んだガロードとティファ――
を集めて数週間…ついにトランスバールへの出航が決行される。
SRXチームのライ・アヤ・マイも合流。(ライ・アヤはR−2、R−3。マイはアルブレード・カスタムに搭乗)
戦艦はイサム達がトランスバールから持ち帰ったクロノストリングエンジンの設計図とその核となるクロノストリング
を用いて独自開発したT−LINKシステム対応型のクロノストリングエンジンを搭載したフリーデンU。
(フリーデンU…ガンダムX終盤に登場したガロード達の母艦。陸戦型の初代とは異なり、完全な宇宙艦)
(クロノストリングエンジン…相転移物質のクロノストリングを用いたエンジンで紋章機の動力源)
出発を前に各々思いをめぐらすパイロット達。
その時、旧連邦・フューリー残党が全戦力を用いて襲撃する。(戦闘開始)

☆味方初期
フリーデンU(シンゴ)、リヴォウルト・ウィンガー(悠吾)、アーバレスト(宗介)、
ガンダムXディバイダー(ガロード)、選択15体
★敵戦力
ガーリオン、バレリオン、ドートレス、ジェニス、リュンピー、ドナ・リュンピー、ガンジャール

四方からの攻撃を辛うじて迎撃する悠吾達。
さらに敵が現れるも、その中には破壊されたはずの兵器「バルトール」とフューリーの指揮官機「ヴォルレント」が…。

★敵増援
ヴォルレント(フューリー準騎士)、バルトール

さらにレーダーが反応をキャッチするが、今度は思いも寄らない増援だった。
戦いを終え、カサレリアで静に暮らしていたはずのウッソ、
ミスリルからの依頼により救援部隊の参加を希望するコズモレンジャーJ9。
そして救援部隊に参加できずともフリーデンの護衛に回るハガネとATXチームとカルヴィナの恋人アル=ヴァン。
アル=ヴァン「汝らの様な者達がいた事自体、我らフューリーが犯した罪、我が剣で今こそ贖わん!」
彼らの援護により戦況は一気に傾いた。

☆味方増援
V2ガンダム(ウッソ、ハロ)、ブライガー(キッド、アイザック、ボウィー、お町)
☆スポット参戦
ハガネ(テツヤ、エイタ)、アルトアイゼン・リーゼ(キョウスケ)、ヴァイスリッター(エクセレン)
轟龍改(クスハ)、雷虎改(ブリット)、ラフトクランズ(アル=ヴァン)

そして敵部隊を全て激はすることに成功。フリーデンUは宇宙へと飛び発った。
地球圏軌道にて、トランスバール星系の方向を艦を調整。
リュウセイ達の念動力を用いてクロノストリングエンジンを起動させ、フリーデンはクロノドライヴに入った…。

▽インターミッション…第3話クリア時の味方の整理。
オリジナル…リヴォウルト(悠吾)
リヴォウルト換装パーツ…リュストゥング「ウィンガー」
SRX…R−1(リュウセイ)、R−2(ライ)、R−3(アヤ)、アルブレード・カスタム(マイ)
マクロスプラス…YF−19(イサム)、YF−21(ガルド)
スパロボGC…ソウルランサー(光珠、フェアリ)、クラウドハーケン(ジーク)、クロイツ・ヴァールハイト(サリー)
スパロボA・J…クストウェル(アクセル、メルア)、アンジュルグ(ラミア)、
            グランティード(統夜、テニア)、ベルゼルート(カルヴィナ、カティア)
フルメタ…アーバレスト(宗介)、ガーンズバック(クルツ)、ガーンズバック・指揮官機(マオ)
Vガンダム…V2ガンダム(ウッソ、ハロ) ブライガー…ブライガー(J9組) 
ガンダムX…ガンダムXディバイダー(ガロード)、Gファルコン(パーラ)、フリーデンU(シンゴ)


NEXT 戻る