第1話「旅立ちの時」

無事地球圏に到着したイサムとガルド。
極東支部の伊豆基地にてレイカー司令に話をする。
(イカロス基地のヒリュウ改を通じて既に内容は把握済み)
1年前に終結したフューリア戦役当時とは状況が異なるため、
かつての独立部隊のような規模の戦力は無理だが、救援部隊の派遣が承諾された。
イサムとガルドは基地のドッグにてSRXチームと再会。
最初の救援部隊のメンバーとなる。(Rシリーズは調整中)
次にテスラ研へ移動。
そこで待っていたのはヒリュウ改から救援部隊を志願してきた、アクセルとメルアとラミアだった。
そして新メンバー、悠吾とマリスがロブたちから紹介される。
その時、テロリスト同然の旧連邦軍残党がテスラ研へ襲撃。(戦闘開始)

☆味方初期
YF−19(イサム)、YF−21(ガルド)、アルブレード(リュウセイ)、クストウェル(アクセル、メルア)、アンジュルグ(ラミア)
★敵戦力
リオン、バレリオン、ドートレス、ジェニス
☆味方増援
リヴォウルト(悠吾)

途中、背後からの奇襲を受けてしまうが、
実戦での初出撃を果たしたリヴォウルトにより、敵を退ける事ができた。
残りのメンバーを集めるため、イサム達は日本へ向かうことになる。
そしてタウゼントフェスラーの一室で、銀河に旅立つことに思いをはせる悠吾だった。

悠吾「僕は見てみたいんだ…銀河を、僕が見たこと無い広い世界を!」


NEXT 戻る