サブシナリオ「魔銀の方舟」

惑星オーブ。
そこでは、バルトフェルド代表…もとい、「元」代表がシャトルに乗り込もうとしていた。
ミナ「どうしても、行くと言うのですか…」
バルトフェルド「ああ。どうやら僕は、政治の世界より戦場のほうが性に合うみたいだ。
 オーブのほうは頼んだよ…ミナ、ギナ」
ギナ「言うまでもない。そちらこそ、無事でいてほしい」
バルトフェルド「ああ。「天」…暫く借りるぞ」

バルトフェルドは、ミーアたちを送り出した後今後のオーブの方針を考えた末、
オーブ代表を政治的手腕に長けているサハク家の二人に託すことを決意した。
また、恒星間通信で地球から新たな支援部隊が来るとの情報を得て、
彼らと合流するため直属の部下ダコスタと共に出発することになった。

そして、予定していた合流宙域に到達。
そこには龍を模った巨大な戦艦…ミスリルの所有する外宇宙用母艦「ガンドール」があった。
メンバーはミスリルの面々に加え、クロガネのメンバー、さらに修羅代表をアルティスに譲って協力しに来たフォルカ、
交換駐留の為出向していた惑星オーブのパイロットのカイト・マディガン、
そしてこの半年の間に結成された第2獣戦機隊「BURN」で構成されている。
(どうやらフォルカは「何か」が違うエルシオールの空気がたいそう気に入ったようで)
初めて対面したバルトフェルド代表とテッサ。
バルトフェルドは現在エルシオールがファルガイア宙域に向かっている事などを教える。
またミーア本人の口から聞かされたことだがデストロンに奪われたものというのは、
詩の力を増幅させるヒュムノスシステムのオリジンとも言えるヒュムネクリスタルを搭載した
ロストテクノロジー製の船(通称ロスト・シップ)…エターナルのことである。
そしてそのエターナルは、虚無の魔物ネェル・グノーシスを統べる者の封印の鍵をかねているという。
(ちなみにそのカラーリングはミーアの髪と同じピンク色で話を聞いた人全員と、
実際に奪って行ったデストロン&ギャンドラーの方々は少し引いたそうな)
そして、オーブからの物資・機体を運び込んだ後、エオニア軍残党が現れる。

☆味方初期
ガンドール(テッサ、カリーニン、マデューカス、葉月)
ダブルG[ダイゼンガー(ゼンガー)、アウセンザイター(レーツェル)]、
ユウ&カーラ[アシュセイヴァー(ユウ)、ラーズアングリフ(カーラ)]、
トウマ&フォルカ[雷鳳(トウマ)、ヤルダバオト(フォルカ)]、超獣機神[ファイナルダンクーガ(獣戦機隊&アラン)]、
バルトフェルド&カイト[ゴールドフレーム天ミナ(バルトフェルド)、カイト専用ザクファントム・改(カイト)]
ウルズチーム[アーバレスト(宗介)、ガーンズバック(クルツ)、指揮官用ガーンズバック(マオ)]
★敵戦力(エオニア軍残党)
ザーフ級戦艦(ブルゴーニュ)
ワイルドダガー対艦刀装備型(ロワール)、ワイルドダガー大型ビーム砲装備型(ボルドー)、エゼキエル(アリサ)、
ストライクダガー、ゼカリア、ハバクク
★敵増援
量産型ヴァルシオン改(ガルシア)
量産型ベルゲルミル×2
エルアインスM+ガーリオン×2
ランドグリーズ+ストライクダガー×2
エゼキエル+ハバクク×2
☆味方増援
BURN[ダンクーガBURN(翔児、二葉、ユーリ、静香)]

◎説得
バルトフェルド→ブルゴーニュ…イベント進行。

途中、ブルゴーニュという者の台詞からルルの名を聞いたバルトフェルドは説得を試みた。
その結果彼女達が実はルルの部下だった事が発覚。ルルと再開させる事を約束させ海賊達は彼らに投降。
そして、小惑星に隠れていた残党の別働隊の艦を破壊する。
なんとエオニア軍の仕官である破壊された艦の艦長ガルシアは、
半年前の戦いで製造はしたものの使われなかったヴァルシオンとベルゲルミルの量産型を投入してくる。
更にヴァルシオンの攻撃によってブルゴーニュたちの機体が破壊されてしまうが、全員無事に脱出。ガンドールに収容される。
だが、BURNの面々が合体テストをしてない新型獣戦機で出撃しぶっつけ本番で合体を成功させ、
新旧獣戦機隊の合体技「ツイン断空砲フォーメーション」で見事ガルシア達を粉砕した。(MAPクリア)

そして、ルルに会う前に死んでたまるかとブルゴーニュ達は同行することになり、
ガンドールはファルガイアへ向かうのだった。

▽補足
宇宙海賊の皆さん…
エリサ以外は出奔はミュージカル版GAでエリサのみSEEDアストレイR。
ミュージカルGAメンバーはセクシースパイス王国なる国の復活のために暗躍した宇宙海賊。
ブルゴーニュ:リーダー。冷徹な人。
ロワール:部下その1。元忍者の頭。
ボルドー:部下その2。全身サイボーグな人。
エリサはアストレイRでレッドフレームを盗もうとした宇宙海賊でロウに負けた後ケナフと行動をともにする。
本作では4人とも元ルルの部下でルルが行方不明(実際には投降している訳だが)になった為やけになって宇宙海賊になった。

第2獣戦機隊BURN…
ミスリルが結成した新たなる獣戦機隊。
元々はミスリル所属のASパイロット(除くニ葉)だったが、
獣戦機のパイロットとしての適正が高かった事から獣戦機パイロットに転向した。
ニ葉に関しては元々はミスリルに保護された戦災孤児だったが、
偶然ビックモスBURNと出会いビックモスBURNが彼女にしか心を開かなかったためやむを得ず彼女がパイロット担った。

ダンクーガBURN…
ミスリルがダンクーガのデータを元に開発した新型ダンクーガ。
EOT技術を始めとした各種新技術が大量に使用されている
最大の特徴として挙げられるのが機体に動物の脳をコピーした新型のバイオコンピューターが使われている点。
そのためダンクーガと比べるとAモード時の機動性が高くより本物に近い動きを可能としている。
(事実、イーグルファイターBURNはAモード時足からクローが出てくる)
しかし反面ダンクーガ以上にパイロットを選ぶ機体になったという問題点も抱えた。
その結果イーグルファイターBURNには忍と互角の血気盛んな性格である風間翔児が、
ビックモスBURNには前述のとおり唯一心を開いた若干12歳の富士野ニ葉が、
ランドライガーBURNには沙羅にも負けないアクティブな性格の炎条寺ユーリが、
ランドクーガーBURNにはクルツと並ぶ天才スナイパー深森静香が乗る事になった。


戻る