サブシナリオ「月奏 〜ツキカナデ〜」

惑星オーブ。
エルシオールとアークエンジェルが旅立った後、まだ装甲の取り付けが終わっていなかった事が幸いとなり、
強奪を免れた機体があった。
V2等のフルアーマー構想を土台にした汎用重視型のデュエルガンダムと援護に秀でた砲撃専用のバスターガンダムである。
(デュエルには、専用のアーマーであるアサルトシュラウドも装備)
そのテストパイロットに選ばれたのは、イザークとディアッカであった。
また、強奪された機体のテストパイロットになる予定だった男がいた。

レイ・ザ・バレル。

エオニア戦役後に軍に入ったとされているが、細かい経歴が不明であり、あまり信用されていなかった。
だが、確かな実力と実直な性格が次第に好感を持てるようになり、イザークたちも認めるほどのエースとなっている。
(とくにシンは彼とはとても非常に気が合うらしい。そのためレイもシンを友人として接している)

今回は、デュエルとバスターのテストを行う事になった。
相手はレイのブレイズザクファントムと、依頼を受けてやってきたセレーナ&エルマのソレアレスだった。

☆味方初期
デュエルガンダムAS(イザーク)、バスターガンダム(ディアッカ)
★敵戦力
ASソレアレス(セレーナ、エルマ)、ブレイズザクウォーリア(レイ)

テストは無事終了かと思われたその直後、ギャンドラーとデストロンが襲い掛かる。
どうやら何かを探していたらしく、その「何か」を見つけたらしい。


☆味方初期(後半戦)
デュエルAS(イザーク)、バスター(ディアッカ)、ASソレアレス(セレーナ、エルマ)、ブレイズザクウォーリア(レイ)
★敵戦力
スタースクリーム、ディオンドラ、ギャンドラー

デストロンたちを追い詰めたと思った矢先、謎のモンスターらしきものが出現した。
半透明な見た目のそれは、虚無の魔物…ネェル・グノーシスであった。
一気に窮地に立たされるイザークたち。(だがこの時レイは、ヘンに冷静だった)
そのときスタースクリームを追って現れたのは、エオニア戦役では現れなかったトランスフォーマー…ベクタープライムであった!
ベクタープライムは、眼前に放った刻印…「月奏(つきかなで)の刻印」の力を刀身に纏わせ、
ネェル・グノーシスにダメージを与える。

★敵増援
ネェル・グノーシス「アムドゥシアス」、グノーシス
☆味方増援
ベクタープライム

デストロン・ギャンドラーには逃げられたもののネェル・グノーシスを倒す事ができたイザークたち。
そしておそらく乗っていたのであろうベクタープライムの中から、ある女性が降りてきた。
彼女は、ミルフィーと同じく桃色の髪をしており、星型の髪飾りをしている。(服装はさすがに普段着です)
彼女の名はミーア・キャンベル。
伝説のレーヴァテイル「ラクス・クライン」の傍系の子孫である純血種のレーヴァテイルであった。
彼女の口から驚くべきことが開かされ、イザークたちはもとよりバルトフェルド代表も言葉を失う。
だが、今は出来ることがあまりにも少ない。イザークたちはエルシオール支援部隊の設立を志願する・・・。

▽補足
月奏(つきかなで)の刻印…
オリジナル設定。トランスフォーマーが虚無の魔物に対抗するために作られた詩の力を宿した刻印。
その刻印の力を武器に纏わせる事によって、虚無の魔物にダメージを与える事が出来る。
ちなみにマシンロボでは「星詠(ほしよみ)の紋章」が同じ役目を果たす(ロム兄さんは狼の紋章があるので無問題)
だが、月奏の刻印も星詠の紋章も絶対数が少なく、悠久の時が流れた現在では最早数えるほどしか無いらしい。


戻る