第16話「赤き翼の正義たる魔剣士」

ガンドールと合流したギャラクシィ・ユニオンズ。
ひとまず安全な宙域にて艦の接続を行い、連絡を取り合うことになった。
ガイとリュウセイとエイジとカティアがダンクーガBURNに目を輝かせたりする中、ついにブルゴーニュ達はルルと再開する。
ほかにも様々なイベントが起こっていた。

格納庫…
バルトフェルド「やあ、諸君。色々と大変だったみたいだな…」
シン「ば、バルトフェルドさんッ!?」
イザーク「なぜ代表がここに?」
バルトフェルド「いや、元・代表さ。君達を送った後に色々と考えてね。オーブのほうはロンドたちに任せることにしたのさ」
カガリ「ロンドさん達か…あの人たちなら信用できるな」
バルトフェルド「で、ロンド達の天を借りるついでに、君達の機体のパワーアップも図りたいと思ってね。
 すまないが、君達の機体をガンドールに移してくれないか?」
カナード「了解です」
バルトフェルド「それと、カガリ君…アスランの話は聞いた」
カガリ「はい…」
バルトフェルド「そう気を落とすな。僕もできる限りサポートする」
ハイネ「そうだぜ。アスランは俺達にとっても親友だ。絶対助け出そう」
カガリ「ありがとう…みんな」

格納庫・別のブロック…
エクセレン「クレータさん…」
クレータ「エクセレンさん! それにミルフィーさんも…急にどうしたんですか?」
ミルフィーユ「これのデータを少し見てほしいんです」
クレータ「…こ、これって! ヴァイスリッターの改造プランですか?」
エクセレン「そうよ。さっきの戦いの前にアイデアが浮かんでね…
 それで、あの後ミルフィーちゃんと一緒に…私達なりに考えた改造案なの」
クレータ「どういった内容ですか?」
エクセレン「ヴァイスリッターの長所を伸ばす方向にして、
 紋章機の武器をベースにした新型のオクスタンランチャーを作ってほしいの」
クレータ「…なるほど。ですが、これ以上機動力を上げるとエクセレンさんが振り回されるかもしれませんが…」
エクセレン「それは勿論承知の上よ。キョウスケだってあんなぶっ飛んだ機体を乗りこなせるんだし、
 私も一回とんでもない機体に乗ったことがあるから大丈夫よ。とにかく、頼めるかしら?」
クレータ「……分かりました。マイヤーズ司令に頼んで、ガンドールの人たちにも協力すれば、
 何とかパーツは作れると思います。それまでは…」
エクセレン「オッケー。それまでは普通のヴァイスちゃんで何とかするわ」
ミルフィーユ「それじゃ、お願いします」
クレータ「ええ!」

さらに、別のブロックではミスリルのASに興味をもつWチームと、
彼らに好感を持ち、すっかり意気投合するウルズチーム。
特に宗助とヒイロは共通点の多さからかなりのマブダチになってしまったり…
(かなり個性的な彼女(?)がいる。天涯孤独。普段はクールだがここぞというときにアツい。等)
そして、ケルベロスのクルーは全てボルテールに移っている中、
ヘルハウンズ隊のメンバーはテッサの連絡から、格納庫へと向かう。
そこにあったのは、5機のPTであった。
予期せぬ新型に絶句するヘルハウンズ。そして後から来たリュウセイも驚愕した。
リュウセイ「あれは、『エルドラッへ』じゃねぇか!」
レッド「エルドラッへ?」
テッサ「そうです。地球で実行しているEOTの信頼性向上を目的とした『レイオス・プラン』の一環として、
 トランスバールと地球の技術を融合させて開発した新型PT…それがこのエルドラッへです。
 今は先行試作型ですので、テストも兼ねてヘルハウンズ隊の皆さんに乗ってもらいたいのです」
カミュ「面白いじゃないか。龍の名前を持つ鋼の巨人…力強く、そして美しいじゃないか」
リュウセイ「パッと見て、鞭に変形するビームソードに、でっかいスタックビートルクラッシャー…
 ビームライフルを兼ねた槍に、ビーム・ミサイル・シールドガトリング、それに…あれはソードブレイカーみたいなもんか?」
リセルヴァ(…一目見て武装を見抜くとは、恐るべしリュウセイ・ダテ)
ベルモット「え? あれって、おいらが考えた遠隔武装・サーバントじゃん!」
テッサ「はい。半年前で皆さんが考案していた武器も何とか開発に成功しましたので」
ベルモット「さすが地球…技術力は侮りがたい…あ、そうだ。サーバントの予備機とかある?」
テッサ「え? 一応ありますけど…」
ベルモット「じゃあ、少し使わせてもらうよ。おいらに考えがあるんだ」

病室…
かろうじて生き残ったものの、所々に怪我をしてしまいベッドで横になっているセレーナ。
そこに、サーペントテールの二人とアイビス達が入ってきた。
劾「怪我は何とかなりそうだな」
エルマ「皆さん…」
セレーナ「ええ…何とかね」
イライジャ「…少し気になっていたんだが、あの機体を知ってた様な口ぶりだったな。後パイロットも…」
セレーナ「…劾たちなら話すかな…。彼女の名はアナ・スタシア。私が傭兵を始める前に所属していた部隊
 『チーム・ジェルバ』での親友よ…そして、あの機体の名はゲトゥビューム…」
劾「チーム・ジェルバ…数年前に謎の壊滅事件が起こった特殊部隊か…まさか、お前達がその生き残りだったとはな…」
セレーナ「あたしとは全く逆で、任務に真面目一辺倒なやつでさ…まっすぐな瞳をしているんだよ。
 なのにアイツ…どうしてあんなやつの元にいるのさ…」
スレイ「…ならば、次にあいつと会ったときに、それを問いただすといい」
セレーナ「…うん。分かってる」
アイビス「いまさ、ベルモットがあんたの機体のパワーアップをしようと提案したんだ。
 あたし達もそれを手伝おうと思ってさ」
ツグミ「エルマ、ちょっと手伝いに来てくれない?」
エルマ「セレーナさん…」 セレーナ「大丈夫。改造のほうも良いから、行って良いよ」 エルマ「はい!」 
スレイ「じゃ、先に行ってるぞ」
アイビス「……セレーナ…私達、仲間だよね…」 セレーナ「アイビス?」
アイビス「昔、どんなことがあったのか知らないけど…今は私達、仲間だよね…だから、もう少し当てにしてほしいんだ…」
セレーナ「勿論よ、アイビス…」
アイビス「今は、しばらく休んでいて」

しばらく機体の修理と改修をしている中、1隻の艦がギャラクシィ・ユニオンズの元にやってきた。
その名はバクシンバード。トランスバールのダブルJ9のサポート艦であり、現在はブライガー組も利用している艦である。
バクシンバードの中から現れたのは、
カイトがひょんなことで知り合ったファルガイアで有名なジャーナリスト…ジェスとミリアリア、
理由は不明だがジェスについてきている少女ルルー。
そしてサー・マティアスなる人物であった。
(さらにマティアスの護衛として、ヒルダ・ハーケンを初めとするドムトルーパー隊も加わっている)
マティアスは、ギャラクシィ・ユニオンズに重要な情報を伝えるためにここにやってきたのだという。

そんな中、カナードはバクシンバード内に収められていた1体のMSを見て驚愕する。
その機体は見た感じイージスやセイバーに似ているが、背中に巨大なサブフライトシステムがついている…
惑星オーブの封印された伝説に伝わるフリーダムと双璧をなす守護騎士のMS…
「赤き翼の正義たる魔剣士」ジャスティスであった。実は紆余曲折あって現在はマティアスが保管していたのだと言う。
その後、緊急のミーティングが行われる事になった。
メインの議題はアスラン達についてであるが、その前に1つ話したい事があるとマティアスが言うのでその話を聞く事に。
マティアスが言うには実はオーブでおきたガンダム強奪事件、アズラエルとジブリールがブラディシンジケートに入っている理由、
そして今回のブラディ達の手際の良さ、これら全ては1人の人物のせいであるという。
マリュー「その人物とは・・・・?」
マティアス「名前はマティス。私の実の妹よ」
その一言に一瞬、シンやカガリなど一部のメンバーの頭に血が上る。
しかしマティアスは落ち着いた様子でどういう事かと説明する。
元々マティアスの一族はトランスバールの事なら全てがわかると自負するぐらいの巨大な情報網をもっており、
いつかはその情報網を使って世界を牛耳ると言う野望をもっていた。
しかし、新たな長になったマティアスはその情報網全てを使い一種の情報ネットワークを製作し、
傭兵ギルドなどさまざまなところに公表していった。
だが一族の思念に背いたマティアスに嫌気のさした妹のマティスは大量の情報を手土産にブラディにはいったのである。
その時、こちらに近づいて来る1台の脱出艇をココが発見する。
回収し中を開けるとそこには憔悴しきったアスランが乗っていた。
アスランは現在マティス達がいる位置を教え意識を失う。
デュオ達は怪しむがタクトは今はその情報に賭けるしかないと決意し強襲を仕掛ける事にする。


☆味方初期
エルシオール(タクト、レスター、ウォルコット、ココ、アルモ)
アークエンジェル(マリュー、ナタル、メイリン、ノイマン)、ガンドール(テッサ、カリーニン、マデューカス、葉月)
シン&ルナ&レイ[Dインパルス(シン)、ネストミール(ルナマリア)、プロヴィデンスザク(レイ)]
エクセレンミルフィーユ[ヴァイスリッター(エクセレン)、ラッキースター(ミルフィーユ)]
カナード&カガリ[ドレッドノート・Xアストレイ(カナード)、ストライクノワールルージュ(カガリ)]
イザーク&ディアッカ[ブルデュエル(イザーク)、ヴェルデバスター(ディアッカ)]
ヘルハウンズ[エルワイバーンBBS(カミュ)、エルワイバーンGSBC(ギネス)]
ヘルハウンズ[エルワイバーンVランス(リセルヴァ)、エルワイバーンGBM(レッド)、エルワイバーンSユニット(ベルモッド)]
ハイネ&ムウ[ハイペリオンガンダム(ハイネ)、GIWSPストライク(ムウ)]、
選択15小隊

★敵戦力
マティス[ガーティ・ルー(マティス)+タントール×2]
アズラエル[ガーティ・ルー(アズラエル、イアン)+グノスト×2]
ジブリール[ガーティ・ルー(ジブリール)+グノスト×2]
アッシュ[ダークセイバー(アッシュ)、ザロム×2]
ヨップ[テスタメント(ヨップ)、ザロム×2]
アレックス&ミュラー[メリクリウスシュバイン(アレックス)、ヴァイエイトシュバイン(ミュラー)]
破壊将軍[ハイドラガンダム(ヴァルター)、ザロム×2]
アナ・スタシア[ゲトゥビューム(アナ)]
ヴァーゲ×3、ダークエンジェル翼Ver+シルス高速戦闘機×2、グノスト+リスニル×2
スコル+ガロイカ×2、タントール+ビルゴ×2

アズラエル達は焦っていたがマティスはあわてる様子を見せない。
◇2EP
ヨップは再び混乱させようとコンピューターウイルスを全域にばら撒き始める。
※ランダムで5小隊が混乱、そのターン命中率が0%になる(集中、必中も無効)、行動不可のいずれかの状態になる。
◇5PP
コンピューターウイルスに苦戦を強いられる一同。
そしてヨップが止めを刺そうとしたとき、突然現れた2体の機影がテスタメントに攻撃を仕掛ける。
その正体はガンダム…なのだが1体は下半身が釣鐘のような機体、もう1体はセーラー服のようなフォルムの機体であった。
しかしドモンはその2体に見覚えがあった。
さらに言うと、マリューとヒルデはそのセーラー服なガンダムに懐かしさを感じていた。
(ヒルデにいたってはそのガンダムの名前をも知っているぐらいである)
かつてシャッフルに力を貸してくれたGFのキラルと、
一度はデビルガンダムの配下になっていたもののドモン達によって救われたアレンビーであった。
<味方増援>
Gファイター[マンダラガンダム(キラル)、スーパーノーベルガンダム(アレンビー)]
以降ウイルスイベント停止

元々盲目のキラルにとってモニターなどあってないようなもの。
彼は心眼でテスタメントに攻撃したのである。思わぬ増援の登場に少し驚いたマティスだったが、次の手を打ってくる。
◇5EP
突然、アークエンジェルの格納庫内で爆発が起こる。
ナタル「どうした!?」
メイリン「格納庫内でジャスティスが暴れています!」
マリュー「なんですって!?誰が乗っているの!?」
メイリン「待ってください今調べます・・・・そんな?!」
ナタル「どうしたと言うのだ!?」
メイリン「乗っているのは・・・・・アスランさんです!」
格納庫内で暴れるジャスティス。操縦席にいるアスランはまるで何かに取り付かれたようであった。
やむえずジャスティスを強制射出をする。
カガリ「アスラン!?」
カナード「待て、様子がおかしい!」
アスラン「崇高なる使命のために・・・・。」
さらにマティスは増援を繰り出してくる。
その中にはダームエンジェルのような姿になったシャープシューターの姿もあった。
しかも乗っているちとせはギャラクシーユニオンズに敵意むき出しで襲ってくる。
<敵増援>
アスラン[ジャスティスガンダム(アスラン(洗脳))]
ちとせ[ダークシャープシューター(ちとせ)+ダークエンジェル翼Ver×2]
バグ[アイアンサンド(バグ)+ザロム×2]
ゲイオス・グルード+レストグランシュ、ロングダガーFS+ゼカリア×2
バスターダガー+サーペント×2、火器運用試験型ゲイツ+ゲイツ×2
増援の中にはデュエルとバスターの戦闘データから作られたと思われる機体も存在していた。

アスランを止めるべくカガリ達は説得を試みる。
※勝利条件追加
シン、カガリ、イザークの3人の小隊でアスランを説得する。
※敗北条件追加
上記3機+ジャスティス、Dシャープシューターの撃墜。

◇説得イベント
○カガリ→アスラン
カガリ「アスラン、私の声が聞こえないのか?アスラン!!」
アスラン「・・・・」
カナード「偽りの楔に縛られるなアスラン!
 お前にもあるはずだ…赤き翼の正義たる魔剣士の力を振るえる強い意思がッ!」

○イザーク→アスラン
イザーク「アスラン、敵の手に落ちるなんて今回ばかりは失望したぞ!!とっとと戻ってカガリに詫びを入れろ!!」
アスラン「・・・・」
ディアッカ「俺もイザークの意見に賛成だね。お前もオーブのエースなら簡単に洗脳されるなよ!!」

○シン→アスラン
シン「しっかりしてください! あなたは洗脳なんかに負ける人じゃないはずだ!!」
アスラン「・・・・」
ルナマリア「アスランさん、カガリさんはあなたが守りたかった人なんじゃなかったんですか!?」

アスランを説得するもジャスティスは動きを止めない。仕方なくジャスティスを攻撃し動きを止めることにする。



※勝利条件変更
ジャスティスのHPを30%以下にする。
◇ジャスティスのHP30%以下
アスラン「うぅ・・・ぐっ・・・。」
少しづつ洗脳が解けている様子のアスラン。
しかし、マティスは最終手段を講じる。
アスランの洗脳装置のリミッターを解除したのである。
アスラン「ウガ〜〜!!」
カガリ「アスラン!?」
アスラン「カガリ・・・早く俺から離れろ・・・。」
カガリ「アスラン?お前記憶が?」
アスラン「早く離れろ!!」
※アスラン種割れ。
突然バーサーカーのようになって見境なしに暴れだす。
<敵データ変更>
アスラン(洗脳)→アスラン(SEED暴走)
同時にジャスティスにド根性

今まで以上の動きを見せるジャスティスに大ピンチの一同。
シン「どうすれば・・・そうだ!カガリさん、歌だ!」
カガリ「えっ?」
ルナマリア「そうか!半年前のシンみたいにアスランさんに歌を聞かせればもしかしたら・・・。」
カガリ「でも、私の歌がアスランに届くかどうか・・・。」
カナード「いや、あのときもルナのシンを思う思いが強かったからこそうまくいったんだ。カガリのアスランに対する思いが本物なら絶対通じるはずだ!」
カガリ「・・・・・わかった、やってみる!」
目を閉じて心を落ち着かせるカガリ。すると彼女の中に今までに無かった新しい歌が浮かび上がってくる。

※カガリ種割れ(カガリ(SEED)に変更)、
歌『焔の扉』使用可能に。同時に勝利条件にジャスティスを歌で撃破(カガリの歌以外は強制的にジャスティスにド根性)が追加。

※勝利条件を満たす
アスラン「うっ・・・・うう・・…」
苦しむアスラン。
カガリ「アスラン!!お前はそんなに弱い男じゃないだろう!!お前は・・・・お前は・・・・私が認めた男なんだから!!!」
マティス「今よ!イレギュラー7ごと8を倒しなさい!!」
その言葉と同時に敵が現れカガリとアスランに迫る。
ルナマリア「カガリ!!」
シン「駄目だ、ここからじゃ、間に合わない!!」
一方、コックピット内のアスラン。
アスラン「オレは・・・・オレは・・・・オレは!!」
※アスラン種割れ(アスラン(SEED)に変更)
アスラン「俺は・・・カガリを守る!!」
ついに正気を取り戻したアスラン。あっという間に迫ってきた敵を倒す。
カガリ「アスラン!!」
アスラン「すまない、そしてありがとうカガリ」
カガリ「いいんだアスランが無事だったら」
アスラン「ああ。おかげで大切な事も言えるしな。みんな!!そのちとせは偽者だ!!」
全員「偽者!?」
ベルモッド「そういや思い出した!あの動き、俺が作ったプローブの動きだ!!」
エクセレン「な〜る…道理でぜんっぜんちーちゃんらしくない感じだったわね…(半ギレ)」
<敵データ変更>
Dシャープシューターパイロットがちとせから偽ちとせに変更。同時に敗北条件からDシャープシューターの撃墜が消える。
<味方増援>
ジャスティスガンダム(アスラン(SEED))→カガリの小隊へ
作戦が失敗した事でマティスが焦った事も功をそうし敵を全滅させる事に成功する。(MAPクリア)

その後、洗脳が解けたアスランが捕まった際に知る事ができた情報を教える。
その中にはブラディのナンバー2が平和主義を唱えているゲインツである事も入っていた。
ゲインツは表向きでは戦力はもつべきでないとARMSやGGG、
プリベンダーを目の型機にしていたため大半のファルガイア側のメンバーは怒り心頭になる。
デュオ「ファルガイアの外でそんなことをやっていたなんてよ…全く飛んだ平和主義者だぜ」
とりあえずアスランが戻り、ブラディシンジケートもしばらくは表立った行動が出来ないはずだが、
まだちとせとキョウスケが捕まったままである。
P3とブラディとの決着を早期につける必要があるのだが、いかんせん手詰まり状態であった。
そんな中、彼らに懐かしき来訪者が訪れる……(以下次回)

▽補足
【エルドラッへ】
アキッキーが考案したオリジナルPT。
『レイオス・プラン』の一環としてトランスバール皇国、惑星オーブと共同で開発された機体でアルブレードとは違った観点で開発された量産型R−1。
同じR−1の量産機であるエルシュナイデ(アルブレード)がコスト削減のために非可変機として再設計したのに対し、こちらは可変機としての利点をそのまま生かす形で開発された。
基本的な変形パターンはR−1(と言うよりはビルドラプター)と同じ。
主な変更点としてはT−Linkシステムの排除と各種オプションを搭載できるようにした点。
武装はR−1には搭載されていないビーム兵器を標準装備、さらにTP装甲を試験的に採用している。
〔基本装備〕
ビームカービン×2
コールドメタルダガー×2
頭部バルカン砲×2
<キャラ別設定>
カミュ機:機体色は白+水色のライン。専用装備はソレアレスのソルフェンサーを元に作られたビームビュートソード。
ギネス機:機体色は白+茶色のライン。専用装備はビルガーのスタッグビートルクラッシャーを大型化したジャイアントスタッグビートルクラッシャーを両腕に装備。
リセルヴァ機:機体色は白+紫のライン。専用装備はビームライフルにもなる槍ヴァリアブルランス(飛行形態時は機首部分に装備)。
レッド機:機体色は白+赤のライン。専用装備は肩にビーム砲、足にミサイルランチャー、腕にシールド兼用のガトリング砲(IWSPのシールドみたいな感じ。飛行時は機体下部に装備)
ベルモッド機:機体色は白+緑のライン。専用装備はドラグーンを元にベルモッド自らが設計した自立攻撃兵器サーバント(α3のアレグリアスについているものと同じです)。

【ストライクノワールルージュ】
一部機体を改造してさらに新開発の多機能式ストライカーパックでアル『ノワールストライカー』を装備したストライクルージュ。
イメージは簡単に言えばスターゲイザーに登場するストライクノワールをルージュカラーにして腕にノーマルのシールドをもっているだけ。

【GIWSPパック】
ノワールストライカーの試作型であるIWSPパックにガンバレルストライカーのガンバレルを移植した物。
イメージはIWSPパックのウイング部分がガンバレルに置き換わっているもの。

【アレンビーの機体】
元ネタはコミックボンボンに掲載されていた漫画版Gガン(作者はガンダムエース版SEEDアストレイのときた洸一氏)の最後の方に登場した機体。まんまスーパーセーラー○ーンである。

【今回の声優ネタ】
もはや伝統のマリューさん=某月の戦士。
ただし、今回はWのヒルデも追加(某月の戦士のちっちゃい方…といえばお分かりでしょうか)


NEXT 戻る