第27話「蘇る荒野の勇者達」

エルシオールらをトランスバールに送ったギャラクシィ・ユニオンズ。
現在、ファルガイアに向かう途中である。

アークエンジェル…医務室。
そこには、いまだ目を覚まさない3人組がいた。
検査の結果、3人は身体強化にかなりの薬物の類を用いられており、
コーディネイターと同レベルのナチュラルを生み出すという目的で生み出された…いわば「生体CPU」という存在だった。
おそらく、オーブと関係がよろしくなかった星の一部が研究して生み出されたところを、
ネフューリアが利用していたと、マリュー達は推測する。
そしてこれからの彼らの処遇についてだが、現時点では保留ということになった。
(集中的な治療等は、ファルガイアにて行うことになる)

そして、ファルガイアに向かう途中、GGGから緊急連絡があった。
月面にネェル・グノーシスが多数出現しているとの情報が入ったのである。
さらには、新たな敵までもが進行しているとの事。
ギャラクシィ・ユニオンズは急遽月へ向かうことに。

☆味方初期
母艦選択2隻
シン&ルナマリア[デスティニーガンダム(シン)、アルトセルクインパルスガンダム(ルナマリア)]
カナード&レイ[フリーダムガンダム(カナード)、プロヴィデンスザク(レイ)]
E.S.[E.S.アシェル(Jr.、ケイオス)、E.S.ゼブルン(モモ、ジギー)]
コスモス&シオン[KOS−MOS(Ver.1)(コスモス)、VX-10000(シオン)]
選択10小隊


★敵戦力
ネェル・グノーシス「アブラクサス」、ネェル・グノーシス「ガマリエル」、ネェル・グノーシス「サムロ」
ネェル・グノーシス「ルキフェル」+グノーシス
ネェル・グノーシス「アムドゥシアス」+グノーシス

まずは、ネェル・グノーシスの殲滅に入ったギャラクシィ・ユニオンズだったが、途中新たな反応が入る。
そしてその敵に彼らは驚愕する。
新たな敵の戦力は、ゾンダーメカで構成されていたからだ。
そしてそれを率いているのは、EI−01を上回るかのような姿を持つ機体。
かの者は自らを原種と呼んだ。そう、GGGが言っていた新たな敵とは原種のことだったのである。

★敵増援
合体原種
EI−15、EI−07、EI−20
EI−07、EI−20、EI−15
EI−20、EI−15、EI−07


合体原種の強力な攻撃により、ネフューリア戦から消耗しているギャラクシィ・ユニオンズは、
少しずつ、確実に押され始めていた。

だがその時、拳の様な物体が合体原種を掠める。

合体原種「!」
リエ「あれは!」
カンジ「ブロウクンマグナム…!」
???「待たせたな、ギャラクシィ・ユニオンズ!」
トウマ「この声は…!」

☆味方増援1
ガオガイガー[スターガオガイガー(凱)、ゴルディマーグ]
超竜神[超竜神]、ビッグボルフォッグ[ビッグボルフォッグ]
グラヴィオン[グラヴィオン(グランナイツ)]、バーンガーン[バーンガーン(瞬兵、バーン)]

ギャラクシィ・ユニオンズの前に現れたのは荒野の星の勇者達。
さらに新たな勇者も誕生していた。
少年の叫びと、新たな鋼の咆哮がこだまする。

「ファイヤーチャージ!!」
「シンメトリカル・ドッキング!」


鳳凰合体…マッハ! スペリオーンッ!

激!竜ゥゥゥ神ィィィン!!

新たに合流したのは、ジャスティーンより生まれた新たな聖勇者スペリオンと瞬兵の親友である洋。
そして、超竜神の弟に当たる新たな勇者ロボ…激竜神こと風竜と雷竜であった。

☆味方増援2
激竜神→超竜神の小隊に合流
マッハスペリオン→バーンガーンの小隊に合流

さらに、凱らの後を追うかのように白亜の戦艦が現れた。
凱「ピッツァ…いや、ソルダートJ!」
J「サイボーグ、これは私の戦いだ! 手出しは無用!」
凱「冗談じゃない! これはファルガイアの戦いでもあるんだ! お前だけに任せておけるか!」
J「…勝手にするがいい。私は自分の任務を遂行するだけだ!」
合体原種「愚かな…。まだ自らの無力さがわからぬか」

リューン「凱…あいつは」
凱「あいつはソルダートJ。ピッツァの本当の姿だ」
忍「ま、マジかよ!」
凱「だが、原種との戦いで一旦破れ、ジェイアークのメインコンピュータと共にゾンダーへ変貌してたんだ」
宗介「ならば、今は協力体制が得策ということか」
大河「各機へ! あの原種は6体の原種の合体したもの…その戦闘力は計り知れない!
 だが我々は、あの恐るべき敵を打ち破らねばならない! 我々の母なる星に住まう全ての生ある物のために!」
護「はい!」
凱「行くぞ、みんな! 漸く戻ってきたギャラクシィ・ユニオンズのためにも…この戦い、絶対に勝つっ!!」
バーン「おう!」
凱「護、しっかりつかまっていろよ!」
護「僕のことは気にしないで思いっきりやって!
 僕だってGGGの特別隊員で、ギャラクシィ・ユニオンズの隊員なんだから!」
凱「お前の覚悟はわかった! 一緒に戦おう!」
護「うん!」

カリーニン「テスタロッサ艦長! 友軍機が合体原種へ接近します!」
テッサ「敵はあのサイズです。何をしでかすかわかりません…モニターを怠らないように!」
マデューカス「了解!」
合体原種「…恐れを知らぬ愚か者共よ…! 身の程を知るがいい!」
リーアム「合体原種の前面部に高エネルギー反応あり!」
リエ「各機各艦、急速回避!!」
合体原種から放たれた攻撃は寸前のところで何とかかわす。
合体原種「ほう…かわしたか」
命「が、合体原種の攻撃は月面からファルガイア大気圏を突破して地表を直撃しました!」
大河「な、何だと!?」
合体原種「いかんな…少しパワーを出し過ぎたか。ゾンダーの素体となるファルガイア人を全滅させては元も子もない」
J「何という力だ…!」
凱「これではうかつに近寄れん!」
J「…私が行く」
凱「どういう意味だ、J?」
J「私が前衛で奴を牽制すれば、隙も生まれよう」
凱「J…」
J「勘違いするな、凱。決してお前達と手を組むという意味ではない…これが現時点において最も勝てる確立が高い方法だからだ」
エイジ「あんたの意地はわかった! だったら、俺達もそれに乗るぜ! 勝利のためにな!」
J「フッ…了解した」
凱「よし! 行くぞ、J!」
J「遅れるなよ、ギャラクシィ・ユニオンズ!」
合体原種「ソルダートJ…お前の運命はあの赤い星で既に決まっていた…」
J「何!?」
合体原種「お前はここで消滅する。我の手によってな」
J「黙れ! 私の魂は滅することはない…この宇宙からお前達を消去するまでは!!」
パリアッチョ「GとJ…緑と赤…。カインの遺産とアベルの災い、共同戦線。絶対危険度…無限大」

<凱VS合体原種>
合体原種「カインの遺産よ…今ここで破壊してくれる!」
凱「貴様らが合体して得た力なぞ、俺達の勇気の絆に比べれば微々たるものだ! それを俺が教えてやる!!」

<JVS合体原種>
合体原種「J002、貴様の命運もここまでだ!」
J「それはこちらのセリフだ! 6体分の原種核、残らず取り除かせてもらう!」

荒野の星の勇者達のおかげで並み居る敵たちを蹴散らし、遂に合体原種を撃破する。
合体原種「馬鹿…な…! 我が滅びるなど…あり得ん…! この宇宙は…機界昇華…されねば…!!」
凱「頼むぞ、護!」
護「うん! クーラティオー! テネリタース セクティオー、サルース コクトゥーラ!」
パリアッチョ「機界最強7原種敗退…」
麗雄「やったぞ! 原種がゾンダークリスタルとなった!」
ゴルディマーグ「よおおし! 俺達の勝利だ!」
エイジ「ああ、これで原種共もしばらくの間大人しくなるだろうぜ!」
ミズキ「…そいつはまだわからないわ」
琉奈「うん、2体逃げたしね」
戒道「J…」
J「ギャラクシィ・ユニオンズよ、ゾンダークリスタルは一時お前達に預ける また会おう!」

エイジ「行っちまったな…」
劾「奴には奴で果たさねばならん使命があるのだろう」
洋「いつかは今日のようにあいつと力を合わせて戦うことになるんだろうか…」
マリュー「状況の確認終了後、帰還します。各機の収容を急いで」
ナタル「了解!」
(MAPクリア)

こうして、とりあえず新たな敵との戦いに勝利したギャラクシィ・ユニオンズは、
ファルガイアの衛星軌道上に浮かんでいるGGGの新たな基地…オービットベースへたどり着いた。
そして、ギャラクシィ・ユニオンズが木星圏に向かっている間、居残り組に何があったのかを説明した。

GGGの機体の修理を終えた後、突如謎の物体が、有無を言わせずトキオのGアイランドシティを強襲。
一撃の下に沈めてしまったのだ。
かろうじてガオガイガーだけが脱出に成功し、襲ってきた敵…原種に攻撃を仕掛けたのだが、
ブロウクンマグナムも、ヘルアンドヘブンすらもはじかれ、絶体絶命の危機に陥ってしまった。
そこで現れたのは、ジェイアークことキングジェイダーである。
ソルダートJは戒道と共に行動し瞬く間に原種達を撃破した。
その後、GGGはオービットベースを起動させて無事避難しており、
さらにアースガルツのメンバーと、瞬兵の姉が立ち上げたVARSがバックアップとして全面協力することになった。
そしてGGGも新生して「ガッツィ・ギャラクシィ・ガード」へと生まれ変わることになった。
その後、原種とオデッサ軍を相手に遊撃戦を展開していたが、
ギルドグラードとの協力によってあらたな勇者ロボ・風竜と雷竜が仲間に加わり、
さらに勇気の守護獣ジャスティーンから新たに生まれた聖勇者スペリオンと、
希望の源として見出された瞬兵の親友・洋が、戦うことを決意した。
そして、オービットベースに原種の主格らが潜入し、白兵戦を繰り広げていた直後に、
ギャラクシィ・ユニオンズが戻ってきたというのである。

そしてギャラクシィ・ユニオンズ側の情報を統合し、これからの方針を練っている間、突如事件が起きた。
一部のコロニー軍がオデッサと結託し、ファルガイアに降下してきたのだ。
そして、オデッサと共に各地で蜂起。戦況が一気に変化しようとしていた。
そのコロニー軍を束ねる少女の名は、マリーメイアと名乗る。

さらに、味方陣営にも衝撃が走る。
突然レイがミーアを拉致して、プロヴィデンスザクでアークエンジェルを脱走した。
どうやら行き先は、ベクタープライムが知っているらしい。
またカナードもフリーダムのブラックボックスデータを読み取って理解できた。

突然起こった事態に、ギャラクシィ・ユニオンズはすぐさま二手に分かれて対応することを決断。

◎レイを追い、ミーアを救出する部隊
母艦…
アークエンジェル(マリュー、ナタル、ノイマン、メイリン、ミリアリア)
ガンドール(テッサ、カリーニン、マデューカス、葉月)
ボルテール(ルル、ロレッタ、風花、リード)
戦力…
SEEDチーム、ウルズ小隊、獣戦機隊、ダブルGチーム、フォルカ、ゼノサーガ組、ドラグナー隊、
聖勇者、マシンロボ、トランスフォーマー

◎地上に降り、マリーメイア軍を食い止める部隊
母艦…
アスタンテU(リエ、ロンド、リーアム、樹里、プロフェッサー)
ナデシコ(ユリカ、ルリ、メグミ、ミナト、ジュン)
ヒリュウ改(レフィーナ、ショーン)
戦力…
プリベンター(Wチーム)、エステバリス隊、シャッフル同盟、カンジ、ネルフェア、勇者ロボ軍団、グランナイツ、
J9組、オクト小隊、ハイペリオン3人組、ヘルハウンズ、セレーナ&アナ、リューン


NEXT 戻る